早く老人になりたい

2013年12月24日

第34回「お鍋キューの密かな喜び」

お久しぶりです

みなさま。ご無沙汰しております。

「早く老人になりたい」、見てみると前回の更新が2013年9月13日とのこと。ずいぶん時間が経ってしまいました。その間に、いきなり仕事が地獄のような激務になったり、身辺がやたら慌ただしくなったり、一方で、色々なところに呼んでもらって「チミドロ」のライブ活動はさかんになったりと、とにかく落ち着く暇がなく過ぎる日々でした。サボってすみません。

とはいえ、我々が老人になるにはまだまだ長い時間が残されています!なので、ゆっくりやっていきます。 よろしくお願いします。




冬でも野外

以前、こちらの記事で「缶ベキュー」というカルチャーを紹介させてもらったことがある。チミドロのベーシスト・イチノミヤ君がどこでも手軽にできるバーベキューとして教えてくれたもので、缶詰めをただただ火にかけて食うというシンプルな遊びだ。シンプルとはいえ、缶べキューとの相性が缶詰ごとに異なり、薬味でアレンジを加えるとグッと美味しくなったりと、なかなか奥が深い。気が向いたらぜひお試しください。

今回は、冬の楽しみ「お鍋キュー」を紹介しようと思う。野外にカセットコンロを持ち出して鍋をして食う、というもので、こちらもやはりイチノミヤ君発案による。彼によれば「ひとつルールがあるんだ。食材は近くのコンビニでしか調達してはいけないんだ」とのこと。考えてみると、これはなかなか難しい。生鮮品を売っているコンビニがあればいいが、なければどうなるんだ…?だいたい、味付けはどうするんだろうか。とにかく「コンビニのクオリティと、みんなのアイデアが鍋の味を決めるんだ!」というから、そうなのだろう。

「お鍋キュー」の舞台として選んだのは、「缶ベキュー」の時もお世話になった「新木場埠頭公園」。新木場ageHaの真向かい。駅からも近く、火が使える便利なスポットだ。夏はバーベキューを楽しむ人々で賑わうが、冬に行ってみたら静かだった。バーベキュー女子会をしていると思われる一団と、寡黙な釣り人たちの他には人の姿はない。

からっと晴れ渡った冬の昼間、我々お鍋キュークルーは公園なかほどのベンチを会場と定めた。目の前は東京湾。オーシャンビューである。




1223_01.jpg
こういった景色



イチノミヤ君がカバンからコンロとフライパンを取り出した。




1223_02.jpg
セット完了



毎度ながらこの準備の簡単さ。最高。駅前のコンビニで買ってきた食材を並べる。




1223_03.jpg
食材全景



新木場駅前には近い距離の中にファミリーマート、セブンイレブン、デイリーヤマザキの3店があり、お鍋キューの食材集めには最適だ。今回参加してくれたクルーのみんなで、これ入れたらうまそう、これはやめとくかーなどと言い合いながら具材を選ぶところからすでに楽しいのだった。




1223_04.jpg
鍋の材料を探そうと思って






1223_05.jpg
コンビニの棚をみたことが






1223_06.jpg
ありますか






1223_07.jpg
70円均一だったおでん。スープももらえるし最高





まずは一鍋目

と、会場での鍋作りに戻ります。まず、昆布と水とキューブ状のダシ(鶏白湯風味)を入れます。このダシを入れたら確実にうまくなる気がしたんで少し躊躇したが、まあ、下味ということで勘弁してください。

そこに冷凍のカット野菜を投入。




1223_08.jpg



ちなみに今回、野菜が全然調達できなくて、この冷凍野菜と、一袋だけ売ってたモヤシが非常に貴重に感じました。「あー!ここにネギ入れたかったなー」という声に「ネギあるよ」と出てきたのが、味噌汁の具。




1223_09.jpg
入ります



味噌汁セットは、このあと味付け用の味噌としても使えて大変役に立ちました。ちくわとソーセージも入り…

さあ最初の鍋ができあがった!




1223_10.jpg
記念すべき一皿目。まったく焦点あってない



うまいです。これは当たり前にうまい。ソーセージ、いい歯ごたえですごい美味しい。みんな口々にうまいと言いつつあっという間に鍋が空に。




1223_11.jpg
風景に溶け込む立食スタイル





二鍋目はネオ石狩鍋

次は味噌汁の味噌をベースに、調整豆乳を少し加え、焼鮭、カニかま、モヤシ、豆腐、味噌汁の具などを入れた架空の「石狩鍋」に挑戦します。




1223_12.jpg
豪華な感じがする



それを作りつつ、ハムをしゃぶしゃぶして食べる「ハムしゃぶ」も。




1223_13.jpg
これがハムしゃぶ。味の感想は「あったかいハム!」



で、石狩鍋ですが、これがめちゃくちゃうまかった。

とにかく鮭がいい仕事をしており、これでグッと鍋感が増します。「パプリカかな?」と思わせる鮮烈な彩りを加えていたカニかまもスープをよく吸って美味しいです。時々、チープな味噌汁の味がどこからかやってきては去っていく。そのジャンクさもあってか「なんとなく漁師が日常的に食ってそうな鍋」だとぼんやり感じました。

これまたあっという間にみんなの胃袋におさまり、次はおでんスープをベースにした鍋を作ることに。




三鍋目。おでん進化系

大根やロールキャベツ、餅いり巾着を煮込み、味噌汁の具を振りかけた状態がこれ。




1223_14.jpg
こう見てみると全然うまそうじゃない



そこに豆乳の残りを追加し、ミルキーな味わいに仕立てていく。魚肉ソーセージも豪快に。コンビニでおでんを買うともらえる柚子こしょうも少々追加し、隠し味に。




1223_15.jpg
こうなった



最後はそこにご飯を入れて雑炊を作る!豆乳のおかげか、チーズっぽい味わいが出て、リゾットな感じに。サイゼリアで出てきてもいいんじゃないのぐらいのレベルです。




1223_16.jpg
おじやでしめ



コンロをしまい、さっと鍋を洗い、はい片付け終了。素晴らしい手軽さ。冬の夕暮れに富士山の影を見つけてはしゃいだりしながら公園を後にした。




1223_17.jpg
あっという間に日が沈んだ






1223_18.jpg
夕方の海



いやー楽しかった。ほんと美味しかった!と言いながら、帰りに駅前の中華料理屋で何の気なしに餃子を食べたら思わず声が出るぐらい美味しくて、もしかしたらさっきまでの味覚はだいぶ甘めに設定されていたのかも、と不安になった。改めて確かめてみる必要がある。

ツイッターでの投げっぱなしな呼びかけに応じて今回参加してくれたパスカール吉田さん、鈴木なつみさん、チミドロの面々ありがとうございました!楽しかったです。

記事を書くに当たって、そもそもなんで「コンビニで食材を買う」というルールがあるのか、と言う点について聞きそびれたことを思い出した。イチノミヤ君に聞いてみたところ「面倒くさいからです」と返事が来た。

面倒が嫌いな方はぜひどう転ぶか分からないお鍋キューの適当な味わいを楽しんでみてください!




チミドロライブ情報

2013年12月30日(月)
りんなご
南池袋ミュージックオルグ

開場時間 / 18:30
開演時間 / 19:00
当日料金 / 1,500円(1ドリンク別)

Live /
 あおやぎたかしとヒロヒサカトーとみんみん
 トキハナ(金子麻友美×くにいともあきfrom死んだ僕の彼女)
 nezi-makisoundsystem

DJ / チミドロDJズ



2014年1月10日(金)
パリ、手賀沼、杉並…そして深夜
高円寺スタジオドム

開場時間 / 24:00
チャージ / 1,500円
※ドリンク持込自由です

Live /
 Alek et Les Japonaises
 碧衣スイミング
 Count the Hoo-Hoo
 チミドロ
 nakayoshi group
 NATURE DANGER GANG
 nezi-maki sound system
 ばきりノす
 Have a Nice Day!
 folklore kitchen
 めがでる
 やまのいゆずる

DJ /
 カシミールナポレオンK
 DJ 勇気(有機)a.k.a インゲル(FALSETTOS)
 パリッコ(LBT)
 フレネシ
 ほうのきかずなり
 ride on pony + DJ happening bar(Have a Nice Day!)

Food / 一号生筆頭(痛風亭/臓器提供フェア)

宇宙マッサージ / プリミ恥部



posted by チミドロ鈴木 at 09:55| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。