早く老人になりたい

2013年08月22日

第32回「4行で振り返るスーパー戦隊の歩み」

はじめに

前回の記事で紹介させていただいた「早く老人になりたいTシャツ」につきまして、多数のお申し込みをいただきありがとうございます!目下製作中ですので、今しばらくお待ちください!お待たせしてしまったお詫びに特製ステッカー(なんとパリッコさんデザイン!)もお付けできたらと思っております。ちなみに、大変恐縮ですが現在はTシャツのお申し込み受付を終了しておりますのでご了承ください。




それはそうと

「戦隊もの」と呼ばれる、ゴレンジャーみたいな、そういうものがあります。

私が子供の頃、一番そういったのに感化されやすい時期に放送されていたのは「太陽戦隊サンバルカン」っていうので、家の前で登場人物の一人、「バルシャーク」のポーズを決めている自分の写真をみたことがある。

現在は「獣電戦隊キョウリュウジャー」というシリーズが放送されていて、うちの子供が好きなので私も見るとはなしに見ている。で、戦隊ものが懐かしくなって近所のツタヤに行ったらこういうことになっているDVDがあったので借りた。




0822_01.jpg
すごい



2011年が、さっきから「戦隊もの」と言ってる「スーパー戦隊シリーズ」の35周年に当たっていたとかで、その記念映画らしい。というか、この35周年の年に放送されていた「海賊戦隊ゴーカイジャー」というシリーズそのものが一大記念作という感じで、「レンジャーキー」と呼ばれる歴代のヒーローをかたどった鍵を使って、過去のどのヒーローにも変身できるというすごい設定になっている。

試しにその「レンジャーキー」とかそれを使って遊べるオモチャなども買ってみたが、これがよく出来ていて、鍵を回すとちゃんとそれぞれ違った音声で「サーン!バルカーン!」とか言ってくれるのだ。「レンジャーキー」自体もちゃんと作ってあって、過去のヒーローのセットが全部出てたりしてやたら集めたくなる。ただ一点、鍵として使うときに間抜けなこの作りだけが悲しい。




0822_02.jpg
なんかねえ



ともあれ、35周年に対する気合の入りようを感じるのだった。考えてみると不思議なのは、その「ゴーカイジャー」や記念映画をみた今の子供たちは、私たちが子供の頃にみていた古い戦隊ものもリアルタイムで知っていることになるわけで、自分たちの過去がすっぽりアーカイブ化されたような、なんというか、Youtubeみたいな、インターネットみたいなことを感じます。

この状況




0822_03.jpg
情報量多い



を冷静に処理できる頭脳をもった子供たちに、ぜひこの世から戦争を一掃して欲しい。

そんなこんなで、よほど好評だったのか、35周年が終わった今でも「過去のヒーロー総出演」的な流れは続いているらしく、先日ふらっと入った本屋でこんな一冊を見つけて買った。




0822_04.jpg



で、ここからがやっと今回の本題なのですが、この本の後半には「スーパー戦隊ストーリー」と銘打って、シリーズ全作の全放送回のエピソードを紹介しているページがある。これがいい。なんせ全部の回を紹介しているので、一回一回の文量は50〜70文字程度しかない。行数にして3、4行の中に各エピソードを詰め込まなくてはならないので、なんというか、説明不足でぶっきらぼうな魅力がある。

例えばこれ、








0822_05.jpg
何言ってんだ?









この圧縮された情報量。ここからは、自分的に気に入ったものを淡々とご覧いただこうと思います。




はじめます









0822_06.jpg
この場合、感想文は免除だろうか













0822_07.jpg
ほっといてやれ!













0822_08.jpg
おそろしい計画と熱海のギャップ













0822_09.jpg
そのうちブタに













0822_10.jpg
またブタに













0822_11.jpg
やな団地













0822_12.jpg
なぜそんなにカッパを信じる













0822_13.jpg
せいしゅん













0822_14.jpg
つい楽しんでしまうこと、あるよ













0822_15.jpg
謝れよ!













0822_16.jpg
マサオ、いいことなし













0822_17.jpg
それはつらい













0822_18.jpg
四国の子













0822_19.jpg
やな先輩













0822_20.jpg
甘えていてはだめだ!













0822_21.jpg
やきはらうな













0822_22.jpg
一方その頃、ひょうたんの中へ













0822_23.jpg
うらやましいじゃないか













以上です

このスピード感。頭の中がシェイクされる感じで楽しかったです。スーパー戦隊も色々大変だな。




チミドロライブ情報

2013年9月14日(土)
新しい花よ、即興
鶯谷ワッツアップ

開場時間 / 19:00
当日料金 / 1,500円(1ドリンク別)

出演 /
 しっぽりーず
 萩野和夫
 藤井政英+南部輝久duo
 チミドロ
 夜の鷲・改
 アヴァ労trio(三木勇・久モ・あたしよしこ)



posted by チミドロ鈴木 at 10:06| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。