早く老人になりたい

2012年07月28日

第12回「龍影神をつかまえて」

先日、バンドのライブで名古屋に行ってきました。公園の芝生に寝転んで時間の流れと一体化したり、「大甚」という日本でも有数の古酒場で時間の流れと一体化したりして、最高でした。

ライブ会場の「K D ハポン」という場所がまた最高で、高架下の秘密基地みたいな。居心地のいい場所だったなー。共演のみんなもいいライブをしていて刺激を受けました。また名古屋行きたいです!




雑誌「チャンプロード」の話です

ずっと前、本屋でバイトをしていたことがあって、その休憩中になんとなく手に取った雑誌「チャンプロード」が面白かったんで買って帰った。暴走族やレディース、改造車・バイクに関する情報が満載で、特殊雑誌好きにとっては定番の一誌かもしれない。

私が購入したのは2000年12月号。




0728_01.jpg
いい表紙だ





ページを開くと目に飛び込んでくる特攻服通販の広告。




0728_02.jpg
「プロス」というメーカーの通販広告






ちなみに裏表紙はこんな感じだ。




0728_03.jpg
不滅の流行アイテム






目次には「見よ街道レーサーの底力 岐阜WORKS」「我ら旧車會 千葉チェリーボーイズ」といったチームの紹介から、「一張羅自慢」「公開!ヤンキーの部屋」「ヤンママ広場」「総長列伝」など、こういった世界と縁遠い人生を歩んできた自分にとってはどんなものだか分からな過ぎて興味をひくものばかりだ。

誌面をパラパラめくっていて私が一番好きだったのは、「アピール広場」と題された、その名の通り読者の自己PRページへのこの投稿。





0728_04.jpg
ポジティブメッセージ






「家火事になったけどよろしく!!」。“よろしく”って言葉の懐の深さを感じた。

で、次にいいなと思ったのが、読者によるイラスト投稿コーナーだ。




0728_05.jpg
丁寧に描かれたイラストばかり





いわゆるヤンキー的な読者層を持つのであろうこの雑誌にイラストを投稿するのって、どんな人なんだろう。なんだか不思議な感じがするが、みなそれぞれ思い思いの改造車・改造バイクを描いていて、賑やかなページである。




話はそれから8年後へ

で、それから長い月日が流れたある日、本屋のバイトをやめ、会社勤めを始めていた私は、会社の近くの本屋でまたもふと、チャンプロードを手に取った。大手出版社でも雑誌の廃刊が相次ぐ中、このような雑誌が今も出版され続けているとは、と驚き、うれしくなって買って帰った。

2008年5月号だ。




0728_06.jpg
相変わらずいい表紙






約8年が経っているが、表紙を開いたところのプロスの通販もそのまま。裏表紙はこう。




0728_07.jpg
ド目立ちアイテム!





誌面の内容もだたいたまあ同じ。あ、ただ、手に取った時の重さが全然違う。家にある、パスタの重さとかを計るはかりに乗せてみたら、2000年12月号が386gなのに対し、475gもある!

カラーページが増えたからだろうか。それにしてもこの、付録の「街道レーサーポストカード」が最高。




0728_08.jpg
ポストカードということは誰かに送るのか





すっごい形の改造車の向こうの空間に注目して欲しい。「車のカスタムと関係なく木は生え続ける」という真理を突きつけられる。

読者によるイラストコーナーも健在だ。




0728_09.jpg
8年経ってもにぎわってる





相変わらず、いい味わいのイラストが…と、眺めていてすごいことに気がついた。2008年5月号のイラストコーナーに投稿している「龍影神」というペンネームの人。




0728_10.jpg
この絵に覚えあり





なんか見覚えがあると思ったら、2000年12月号にも




0728_11.jpg
同じ人!





いるんである!

しつこいが、私が前号を買ってから8年近い月日が流れている。たまたま「龍影神」のイラストが載った二つの号を買っていたのかと思うと、なんだか運命的なものを強烈に感じる…。

不思議だなーと思いつつ、さらによく読んでいくとすごいページに出くわした。




0728_12.jpg
龍影神イラスト劇場





「龍影神」特集だ!

そこに添えられた文章はこうだ。

「CRのイラストコーナーは一人一点の原則があるため、2点以上投稿してもらっても1枚しか載らないんだけど、イラスト常連の龍影神クンは、それを承知で毎月何十点ものイラストを送ってくれているつわ者なのだ。とゆーことで編集部にあるボツストックの中の同君のイラストがかなりの枚数に達したため、ちょうど良い機会なので「卒業」の文字が入ったイラストを集めて纏めて紹介することにした。なにはともあれこの制作意欲には敬服するよ。」

毎月何十点もだ。1枚しか載らないのに!この情熱。カラーページでないのが残念ではあるが、こうして並ぶと壮観だ。いくつか拡大してみると、




0728_13.jpg
ステッカーください。





0728_14.jpg
ステッカーください。





0728_15.jpg
ステッカーください。





と、とにかく「ステッカーください。」と言い続けている。あなたには、ここまでして欲しいステッカーがあるだろうか。感動である。




もしかして、今も…?

今回、この記事を書くにあたり、ひょっとしてまだ「龍影神」はイラストを書き続けているのではないか?と思い、またも数年ぶりにチャンプロードの最新号を購入してみた。

2012年8月号。




0728_16.jpg
表紙の情報量が増えた感じ






プロスの通販も健在!




0728_17.jpg
定番アイテムは変わらず





しかし…、

残念ながらイラストコーナー自体がなくなっていた。他の部分では相変わらずブレのない誌面で、昔から続くコーナーも健在だったのだが…。「龍影神」はどこへ行ったのだろう。

ちなみに、「コール」と呼ばれる、エンジンを吹かしながらクラッチなどを繊細に操作して音楽を奏でるテクニックの解説が載っていて面白かった。




0728_18.jpg
リディム





あと、この広告ページの見た目が圧巻だった。




0728_19.jpg
なんか骨みてえ





もし、あなたがちょっと昔のチャンプロードをお持ちだったら、ぜひイラストコーナーを探してみて欲しい。もしかしたらそこに「龍影神」のあの味わいのある絵が見つかるかもしれない。




チミドロライブ情報

もしこれをお読みになっているのが7月28日だとしたら今日ライブです!

「ゲットー酒場」
2012年7月28日(土)
会場:南池袋ミュージック・オルグ
OPEN / START 17:30
ADV / DOOR: 1500円 (ドリンク別)

LIVE:
ばきりノす(From大阪)
やまのいゆずる
Nothto
夜の鷲
なかよしグループ
チミドロ
内田るん(fromくほんぶつ)

DJ:
kuroki


と、もうひとつ。こちらはチミドロDJsとして、ハナイさんと二人か三人ぐらいで音楽をかけます!海の家!


LBT presents「スペシャルサマー」

2012.8.4(土)14:00〜夜 @ 逗子Field&Sea
¥1,000/1d

Live&DJs:
マル(HONDALADY)
チミドロDJs
Yasterize
showgunn
HYDROPUMP
パリッコ
DJイオ
鈴木裕太
鼓膜シュレッダー



posted by チミドロ鈴木 at 17:06| Comment(0) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。